ワインの表現は難しいと思っている方へ – 表現を楽しむ4つの方法

こんばんは。大石です。

みなさま「猫のおしっこ」の臭いを嗅いだことはありますか?

猫を飼われている方はなんとなくわかるのでしょうか?
僕は猫を飼っていないので分かりません。

いきなり何をいってるんだ?と思われましたか。

この猫のおしっこの臭い、
ワインの香りの表現にあるんです。

ソーヴィニョン・ブランという白ぶどうなのですが、
ロワール地方とかで造られる白ワインが有名です。
(あとニュージーランドとか)

個人的には今まで飲んできたなかで
「おしっこ」感を感じたことはないのですが、、、

柑橘系の香り、甘みと苦みが混ざったような緑のフルーツの香り、
ものにもよりますが、そんな印象があります。

もしこれは猫のおしっこだよ!というのをご存知でしたら、
是非とも共有してください!!笑

他にも

「濡れた犬(の毛)」

なんて表現もあります。

残念ながら僕は濡れた犬の臭いも嗅いだことはありません。笑
(以下同)

こういったのは本家フランスから伝わったと思うのですが、
欧州の感覚と、少しユーモアも混ざって面白いですよね。

さすがにソムリエがレストランで使うことはないと思いますけど。笑

この「表現すること」というのもワインの楽しさです。

味(渋み・甘み・塩味など)、香り、色、舌触りなど
五感をフル動員して感じたことを言語化する。

そうやって言葉にすることで、
周りの人と楽しむことができます。

映画を観終わったあとに内容を語り合う、みたいな感じですね。

しかも、ワインなら感じとれることも複雑ですし、
料理などの相性まで考えれば表現の幅は無限大!

いやー、ワインって面白いですよね!!

で、前置きが長くなりましたが、

今回は、このワインを「表現するときのコツ」をお話したいと思います。

普段、飲まれるものでも少し言語化を意識するだけで
より楽しめるようになります!

感覚力(受け取る力)も鍛えられますしね。

そのコツとは4つあります。

順番に解説していきますね。

①なんとなくの印象を言葉にしてみる

例)
「なんかふわーとしてる」
「ちょっと酸っぱい感じ?」

何でもいいので思いついたことを言葉にしてください!

第一印象で感じたことってすごく大切です。

言葉にするとカタチとして表出されるので、
意識的に捉えるようになります。

そうして、本当にそうかな?って思うこともあるんですよね。
(逆にそう思い込もうとすることもありますが)

むつかしく考えずに自由に表しましょう

②何か別の食品に例えてみる

例)
「グレープフルーツっぽい香り」
「ジャムみたいな味」

このパターンはワインの表現ではよくあります。

カシス、パッションフルーツ、ナッツなど

なんかどっかで口にしたことあるよなーというものを
自由に思い浮かべてみてください。

何浮かんだらそれが香りから由来するのか
味から由来するのか探ってみてもいいですね!

僕はこの表現が好きでよく使います。

共有がしやすくて、共感も生まれやすいからです。

フルーツならみんな食べたことあるし、
マンゴーとかパイナップルとか言うと、

あーわかるわかる!なんてことも多く言われます。

③凝縮感を感じてみる

例)
「果実感が強い。濃い」
「さっぱりしている。軽い」

よく味では、渋み/甘みというのでワインを分けますが、

個人的には分かりにくいな、って思っています。

苦みってコーヒーとか野菜とかの苦みを連想してしまい、
ワインを飲んでもダイレクトに苦みを感じることは少ないです。
甘みはよく分かりますが。

で、僕が大事にしているのは、凝縮感(=重さ)です。

これは味でも香りでもそうなのですが、

強さ・弱さでもあります。
あと、密度といってもいいかもしれません。

たっぷり詰まった100%な感じなのか、
薄い印象の40%程度の感じなのか。

あと、よくボディという言葉で
フルボディ→ライトボディといわれますが、
(裏にもよくかいてありますよね)

これは凝縮感や重さという感じよりも
「豊かさ・複雑さ」という印象です。

なので、ボディのことは忘れて、濃さを感じてみてください。

④擬人化して遊んでみる

例)
「このワイン、めっちゃムキムキ!」
「しなやかな貴婦人のようだ」

これも僕は大好きでよく言葉にします。

ただ、なぜかあんまり伝わらないことが多い。。笑
なので遊んでみてください。

上の①〜③を組み合わせると、
そのワインの全体像がぼやーとでもできあがると思います。

それから擬人化するとやりやすいですよ。

例えば、白ワインを飲んだとして。

①さわやかな印象!飲みやすいね!

②レモン?グレープフルーツ?バナナ?の香りかな。
 ちょっとだけスイカの皮をかじった味もする…

③軽い!香りは強いけど、以外に味はさらさらしていて弱い印象かな

↓ これを人でイメージすると

④さわやかなイケメン理系大学生(彼女いない)

→まだあどけなさが残る若い白ワイン。
さわやかで人当たりは良い印象なんだけど、
どこか癖のある堅物な印象も隠し持っている。

こんな感じでしょうか。笑

ここは本当に自由なので好きにイメージしてみてください。

なんとなく設定とかも考えると面白いですよ。
こういう服装で、こういう性格で。とか。

一緒に飲んだ人と全く違うキャラクターだったりして、
話も以外に盛り上がります。笑

あとは漫画やアニメのキャラとかに例えるといいかもしれません。
人によってはその方が、分かりやすいし、伝わりやすいと思います。

そうそう、この言葉について。

これは当たり前のことなので忘れがちなのですが
どんな具体的な言葉でも、人によって全くイメージは異なるんですよね。

「いちご」

と言っても、

熟れた甘いいちごを想像する人もいれば、
ジャムのようないちごを想像したり、
給食によくでてきた小さくて少し酸っぱいものを想像したり、
はたまた、食べ物以外のことを想像したり。

なので、ここまで表現のことを話してきましたが、

表現を突き詰めたとしても
絶対に人と感覚を共有することができません。

この当たり前をしっかり持っていた方がいいです。

この感覚があれば、
「自分の言葉」を大切にできるからです。

人と異なるのだから、
まずは自分の感じたものを表すことに集中してみてください。

その上で相手との違いを考えればいいのです。

相手の意見を鵜呑みにして、そうだなって思っていると
自分で感じなくなって感覚がそこでシャットアウトしちゃいます。

そうすると違いも分からなくなるし、
相手任せの思考停止状態が癖になっちゃいます。

自分なりの表現を考えてみる(=言語化する)ことで
考える力、伝える力を育むことができるんですね。

この癖をワインのときにもつけると
楽しく自分の力を伸ばしていくことができますよ!

されどワインですのでお試しください。

いやー、ワインって面白いですよね!(2回目)

こんなワインでこういう表現が浮かんだ!
というのがあればお気軽にメールください。

それでは本日はここまで。
ではでは。

大石

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*