ワインの表現は難しいと思っている方へ – 表現を楽しむ4つの方法

こんばんは。大石です。

みなさま「猫のおしっこ」の臭いを嗅いだことはありますか?

猫を飼われている方はなんとなくわかるのでしょうか?
僕は猫を飼っていないので分かりません。

いきなり何をいってるんだ?と思われましたか。

この猫のおしっこの臭い、
ワインの香りの表現にあるんです。

ソーヴィニョン・ブランという白ぶどうなのですが、
ロワール地方とかで造られる白ワインが有名です。
(あとニュージーランドとか)

個人的には今まで飲んできたなかで
「おしっこ」感を感じたことはないのですが、、、

柑橘系の香り、甘みと苦みが混ざったような緑のフルーツの香り、
ものにもよりますが、そんな印象があります。

もしこれは猫のおしっこだよ!というのをご存知でしたら、
是非とも共有してください!!笑

他にも

「濡れた犬(の毛)」

なんて表現もあります。

残念ながら僕は濡れた犬の臭いも嗅いだことはありません。笑
(以下同)

こういったのは本家フランスから伝わったと思うのですが、
欧州の感覚と、少しユーモアも混ざって面白いですよね。

さすがにソムリエがレストランで使うことはないと思いますけど。笑

この「表現すること」というのもワインの楽しさです。

味(渋み・甘み・塩味など)、香り、色、舌触りなど
五感をフル動員して感じたことを言語化する。

そうやって言葉にすることで、
周りの人と楽しむことができます。

映画を観終わったあとに内容を語り合う、みたいな感じですね。

しかも、ワインなら感じとれることも複雑ですし、
料理などの相性まで考えれば表現の幅は無限大!

いやー、ワインって面白いですよね!!

で、前置きが長くなりましたが、

今回は、このワインを「表現するときのコツ」をお話したいと思います。

普段、飲まれるものでも少し言語化を意識するだけで
より楽しめるようになります!

感覚力(受け取る力)も鍛えられますしね。

そのコツとは4つあります。

順番に解説していきますね。

①なんとなくの印象を言葉にしてみる

例)
「なんかふわーとしてる」
「ちょっと酸っぱい感じ?」

何でもいいので思いついたことを言葉にしてください!

第一印象で感じたことってすごく大切です。

言葉にするとカタチとして表出されるので、
意識的に捉えるようになります。

そうして、本当にそうかな?って思うこともあるんですよね。
(逆にそう思い込もうとすることもありますが)

むつかしく考えずに自由に表しましょう

②何か別の食品に例えてみる

例)
「グレープフルーツっぽい香り」
「ジャムみたいな味」

このパターンはワインの表現ではよくあります。

カシス、パッションフルーツ、ナッツなど

なんかどっかで口にしたことあるよなーというものを
自由に思い浮かべてみてください。

何浮かんだらそれが香りから由来するのか
味から由来するのか探ってみてもいいですね!

僕はこの表現が好きでよく使います。

共有がしやすくて、共感も生まれやすいからです。

フルーツならみんな食べたことあるし、
マンゴーとかパイナップルとか言うと、

あーわかるわかる!なんてことも多く言われます。

③凝縮感を感じてみる

例)
「果実感が強い。濃い」
「さっぱりしている。軽い」

よく味では、渋み/甘みというのでワインを分けますが、

個人的には分かりにくいな、って思っています。

苦みってコーヒーとか野菜とかの苦みを連想してしまい、
ワインを飲んでもダイレクトに苦みを感じることは少ないです。
甘みはよく分かりますが。

で、僕が大事にしているのは、凝縮感(=重さ)です。

これは味でも香りでもそうなのですが、

強さ・弱さでもあります。
あと、密度といってもいいかもしれません。

たっぷり詰まった100%な感じなのか、
薄い印象の40%程度の感じなのか。

あと、よくボディという言葉で
フルボディ→ライトボディといわれますが、
(裏にもよくかいてありますよね)

これは凝縮感や重さという感じよりも
「豊かさ・複雑さ」という印象です。

なので、ボディのことは忘れて、濃さを感じてみてください。

④擬人化して遊んでみる

例)
「このワイン、めっちゃムキムキ!」
「しなやかな貴婦人のようだ」

これも僕は大好きでよく言葉にします。

ただ、なぜかあんまり伝わらないことが多い。。笑
なので遊んでみてください。

上の①〜③を組み合わせると、
そのワインの全体像がぼやーとでもできあがると思います。

それから擬人化するとやりやすいですよ。

例えば、白ワインを飲んだとして。

①さわやかな印象!飲みやすいね!

②レモン?グレープフルーツ?バナナ?の香りかな。
 ちょっとだけスイカの皮をかじった味もする…

③軽い!香りは強いけど、以外に味はさらさらしていて弱い印象かな

↓ これを人でイメージすると

④さわやかなイケメン理系大学生(彼女いない)

→まだあどけなさが残る若い白ワイン。
さわやかで人当たりは良い印象なんだけど、
どこか癖のある堅物な印象も隠し持っている。

こんな感じでしょうか。笑

ここは本当に自由なので好きにイメージしてみてください。

なんとなく設定とかも考えると面白いですよ。
こういう服装で、こういう性格で。とか。

一緒に飲んだ人と全く違うキャラクターだったりして、
話も以外に盛り上がります。笑

あとは漫画やアニメのキャラとかに例えるといいかもしれません。
人によってはその方が、分かりやすいし、伝わりやすいと思います。

そうそう、この言葉について。

これは当たり前のことなので忘れがちなのですが
どんな具体的な言葉でも、人によって全くイメージは異なるんですよね。

「いちご」

と言っても、

熟れた甘いいちごを想像する人もいれば、
ジャムのようないちごを想像したり、
給食によくでてきた小さくて少し酸っぱいものを想像したり、
はたまた、食べ物以外のことを想像したり。

なので、ここまで表現のことを話してきましたが、

表現を突き詰めたとしても
絶対に人と感覚を共有することができません。

この当たり前をしっかり持っていた方がいいです。

この感覚があれば、
「自分の言葉」を大切にできるからです。

人と異なるのだから、
まずは自分の感じたものを表すことに集中してみてください。

その上で相手との違いを考えればいいのです。

相手の意見を鵜呑みにして、そうだなって思っていると
自分で感じなくなって感覚がそこでシャットアウトしちゃいます。

そうすると違いも分からなくなるし、
相手任せの思考停止状態が癖になっちゃいます。

自分なりの表現を考えてみる(=言語化する)ことで
考える力、伝える力を育むことができるんですね。

この癖をワインのときにもつけると
楽しく自分の力を伸ばしていくことができますよ!

されどワインですのでお試しください。

いやー、ワインって面白いですよね!(2回目)

こんなワインでこういう表現が浮かんだ!
というのがあればお気軽にメールください。

それでは本日はここまで。
ではでは。

大石

ワインにはブドウ以外にもたっぷり○○が詰まっているんです

どうも、大石です。

「ワインって難しい」

「ワインって分かりにくい」

よくこんなことを言われますよね。

今ではコンビニやスーパーにいっても何種もあります。
それも種類が違うっぽくて横文字だし、味のイメージも付かないし。。

確かに分かりにくいのはあるのかもしれません。

でも!

僕は、その「分かりにくさ」が魅力であり、
学ぶ(覚える)価値があるものだと思っています!

その価値のひとつにあるのが、

ワインの「情報量」です。

ワインは本当に沢山の情報を持っています。

普段は、それらにぼくたちが気付けていないんですよね。

(考え方的には、モノが価値をもつのではなく、
人が感じるから価値になるというのもあります。
これについてはまた今度記事にしたいと思います!)

(そして、とりあえずここではワインは沢山情報を持っている、としてください)

情報を持っていると何があるか?

ものは同じなのに全く異なる認識に変わるんです。

例えば、

毎日何気なく買っているスーパーのワイン。

600円くらいのどこにでもありそうなデイリーワインです。

何となくこれをいつも選んでいるやつですね。

そんなやつにもしっかり情報は詰まっているんです。

特にワインは品種や地域、時代など
色々な切り口がある商品(市場価値も含めて)なので
情報の詰まり方は半端ないと思っています。

その600円くらいのワイン。

例えば、こんな物語があるかもしれません…

—-

〈親愛なる世界の裏側の友人へ〉

19XX年。ヨーロッパから南米へと進出してきたワイン会社、ワイネクスト社。
そこに勤める私、オオイーシは南米でワインを造っている。

初めてみたこの土地は荒れ放題だった。
葡萄畑なんて作る馬鹿がいるのか?と思った土地だ。

それから現地の人と協力して開拓に踏み切った。

この土地を去った友人は数えきれないが、
なんとか開拓できた。30年かかった。

やっとの想いの30年。

今では祖母の故郷である日本にも輸出ができている。

これもすべて南米の自然と地元の人々のおかげだ。

アンデス山脈から生まれる自然
生産地として独立への志をもった現地人

このふたつが上手く組み合うことで
上質かつ安価な値段で世界中にこのワインを届けることができている。

照りつける太陽の下、
地球の裏側で生まれる笑顔を想像すると
畑仕事にも精が出る。

このワインがより多くの幸せを運びますように。

—-

生産者のオオイーシからのメッセージでした。笑

これは作り話ですが、
このメッセージを知る前と知った後では
全く受ける印象が変わりますよね?

これはよくある生産者の声を模したものです。
生産者の顔が見えるとか、こんな理念で作っていますよ、とかですね。

これを読んだ後にワインを手に取ると、

オオイーシの30年の苦労の重みが何となくでも感じられると思います。

これが情報であり、背景(ストーリー)ですね。

これが品種であれば、

カベルネ・ソーヴィニョンの特徴や
世界で作られている場所、組み合わせの妙、などの情報になります。

地域であれば
そこの歴史や気候、伝統的な生産手法など。

はたまたビジネスであれば、
仲介業者の理念やインポーターのビジネスコンセプトにも及びます。

ワインは一本の中に
ほんとーーに様々情報を内包しています。

これはワインに限らずどんなものにも存在しています。

物に限らず人にでもです。

これを読んでいるあなたにも
情報はたっぷりあるはずですよね。

生きてきた人生があり出会ったもの別れたものがあって
今の自分ができているはずです。

こんなこと普段は考えないですよね。

でもこれを考えられるのがワインなのです。

そして、この情報(背景・ストーリー)を感じる力こそ、感覚力です。

読み解くというよりも感じるが近いです。

この感覚力を鍛えるために
最適なのがワインだと思い、僕はこのブログを始めました。

感じる力があれば
どんな些細な物事でも楽しく思えます。

この些細なことのひとつに、
普段飲んでいるワインを入れてみるのはどうでしょうか?

ワインを学べばきっと
そんな些細なことが楽しいものへと変化しますよ。

と、

途中からブログを始めた気持ちへと
フォーカスしてしまい、感情のあまり脱線しましたが。笑

まとめると、

・ワインには情報がたっぷりつまっています

・その情報は奥に潜んだ背景・ストーリーです

・その情報を理解することができると楽しくなります

こんな感じでしょうか!

実を言うと、上記のストーリーよりも
長いストーリーを考えていました。笑

さすがに長編になりすぎるので掲載をやめましたが…
ただいつか記事にできればと思っています。笑

お楽しみしていてください!

それでは本日はこの辺で。

大石

赤ワインを選ぶときに重要な主要ブドウ品種〜5選

こんにちは。大石です。

ワインを覚えたいときに
一番、分かりやすく捉えられるのが「ブドウ品種」です。

品種の違いは
年代とか地域とかよりも
ダイレクトに出てくる気がしています。

リンゴでいっても
よく口にするだろう「ふじ」は
しゃきっとした口当たりでザ・リンゴという印象です。
(適当ですいません。笑)

「紅玉」というリンゴは
酸味が強くてどちらかというと濃厚な味わいです。
ジャムとかアップルパイなどの調理に向いているようですね。

こんな感じで
品種の違いは、味に明確なキャラクターの違いを与えます。

今回は赤ワインの主要品種をおさえましょう。

他のサイトでもご紹介されているので、
とりあえず名前を覚えて、意識して飲んでみてください。

僕もワインを覚えようと思った大学生時代、
品種から飲むようにしました。

ただ、選ぶときのポイントはあるので、
後ほどお伝えしますね。

〈おさえておく赤ワインの主要品種〉

①カベルネ・ソーヴィニョン

②シラーズ

③サンジョヴェーゼ

④マルベック

⑤ピノ・ノワール

です!

それぞれ低価格ながらも
単一品種で売っているブドウ品種かと思います。

今後ご紹介したいと思っているのですが、
スーパーやコンビニなんかでも
上記の品種はよく目にすると思います。

ただ、ここでポイントがあります!

[ポイント1]
単一品種であることをしっかり確認してみてください!

特に①のカベルネなんかは、
ボルドーワインであればメルローという品種と
組み合わせて作るので、要注意です。

英語(や外国語)で分かりにくいかもしれませんが
ラベルや裏面を眺めて、「%」の表示を探してみてください。

あとは分からなければネットで検索してもいいです。

僕はよくネットで調べてノートにまとめていました。
(そこまでやる必要はありませんが。笑)

最初は分からなくても
ラベルを見る癖(品種チェックの癖)が付けば
なんとなくでも理解できるようになります!

そうしていくうちに
品種の言葉と味のイメージがリンクしていくので、
店頭やレストランで何となくでも

「あ、これって○○○○だからこんな味かな?」って思えます。

そう思ったらこっちのもんです。

その後、イメージ通りの味わいであれば
その通りのイメージを蓄積していけばいいです。

もし違っていたら、
前のワインと何が違ったのかを意識してください。

地域、年代、生産者などなど。

自分のイメージを作ることで
比べることができるので、理解が進むんですね。

[ポイント2]
ニューワールドのワインの方が単一品種は多いです!

ニューワールドっていうのは
アメリカやチリ、アルゼンチン、オーストラリアなどをさします。

チリとかカベルネ・ソーヴィニョン、マルベックなんて多いです。

オーストラリアなら、シラーズが有名

アメリカでもカベルネ・ソーヴィニョン、ピノ・ノワールがあります。

※サンジョヴェーゼはイタリアです。
 それでも「キャンティ Canti」で使われているので、
 商品も多いし、気軽に覚えることができますよ!

ニューワールドのワインは
価格も手頃頃なので品種で勉強するときにはオススメです!

[ポイント3]
できれば1000円台〜のワインで選びたい!

品種で覚えていくときは
1000円以上のワインの方が
品種の違いを理解できると思います。

これは個人の感覚も入っているのかもしれませんが、
ある程度の価格の方が味が安定しているという印象です。

なので、できればでいいので意識してみてください。

以上です!

ざっくりと紹介させていただいているので
また詳しくは改めて記事にしていきますね。

なんか質問などあれば気軽にご連絡ください!

それでは!

ワインとデザインの共通項〜点・線・面〜

こんばんは。大石です。

僕は普段、グラフィックデザイナーとして働いているのですが、
学生時代はデザインを専門としていませんでした。

一応ものづくりの学校だったので、
芸術史などの授業は受けていました。

その中で今でもずっと覚えている芸術ワードがあります。

それが、

「点・線・面」

です。

たしか美術(絵)の授業で
一番最初に教えてもらったものです。
(ちょうど先生が恩師だったので記憶していたのです)

点と線と面。

今回はこの「点・線・面」でワインを考えてみましょう!

これを読めばきっとワインを覚えるのに役立つはずです!

いや、ワインだけでなく
色々な物事を考えるときに使えます。

さて早速。

この「点・線・面」ですが、

ワシリー・カンディンスキーという
ロシア出身の画家が著した「点・線・面 抽象芸術の基礎」という
本からの言葉です。

彼は抽象絵画の始まりの人としても有名のようですね。
(簡単な経歴はWikipediaをご参照ください)

赤と白と青の四角の絵。の人です。

たぶん一度が見たことがあると思いますよ。
(カンディンスキー 絵 でググってみてださい)

いや、そもそも
「抽象絵画」って何やねん、ということですが(えせ関西弁でごめんなさい)

デッサンなどの具体的な絵(写実)とは反対に
普段みている世界よりもぼや〜とした感じのやつです。

現実の世界をデフォルメ(簡略化)して表現したもの。

この抽象画で人気のあるのがモネです。睡蓮が代表作です。
(これも、モネ 絵 でググってみてください)

ちょっと余談ですが、
その睡蓮という絵、「光を描いた」と言われています。

タイトルは花の名前なのですが、
描いたのは睡蓮という花ではないんです。

睡蓮が浮かぶ景色を映し出す「光」を描いた絵なんですね。

だから、花とか池がぼやーとしているんですよね。
(花や池を詳細に描くと具体的な写実画になります)

ちなみに、この光を描いている間に
太陽は動くのでモネは必死でした。

必死で、それに負けないようにと、
ものすごい速さで筆を走らせた。と言われているそうです。

話がそれました。笑

そんな抽象絵画の祖、カンディンスキーは、
現実の世界(見える世界)を単純化して捉えようとしたわけです。

そのときに用いたのが

「点・線・面」

では、それって何か!?

正確な解釈は専門家の方にお任せするとして。。笑
ここでは僕なりの解釈をさせていただきます。

「点・線・面」は表現のステージを表しています。

目に見えるものって色々な要素が複雑に組み合わさっていますよね。

形とか色とか質感とか、、
それを絵で描こうとするとものすごーく大変ですよね。
色鉛筆で簡単にしゃしゃーっと一筆書きでは描けません。

そんな複雑な目の前を単純にしてみよう!
それも3つの段階に分けて!!

という試みが、

「点・線・面」というフレーム(考え方)です。

点・線・面のそれぞれは何かというと、

点:最小単位の構成要素

線:点が連なった方向性

面:線が織りなす世界

と考えています。

説明が固いのでなんのこっちゃですが、
地図をイメージしてみましょう。

点は建物や人、木などの細かい部分。

そこから「ー」を押して世界を広げましょう!(googlemap的な)

だんだんと建物は見えなくなって、
それらが作る街や地域が見えるようになってきます。
これを線とします。

そこからさらに「ー」を押して世界を広げましょう!!

そうするとそれらの街や地域が集まって
ひとつの国を作ります。
それが面です。

イメージなので何となくこんな感じとして考えてみてください。

大きく捉えれば
見えるものは全て点で構成されている、というイメージです。

原子みたいなものですね。

線、面の中には多くの点が集まっています。

見えるものは一見、とても複雑なのですが、
拡大していくと、ものすごく沢山の要素が集まっているのです。

最小単位を点

点の集合を線

線の集合を面

です。

この「点・線・面フレーム:を利用すればワイン(だけでなく物事)も分かりやすくなります!

ワインには沢山の構成要素があります。

味覚、香り、時代、生産者、造り方…など

複雑な要素や考え方が混じり合ってひとつのものを作っています。

いきなり、それらの要素にフォーカスすると
ワイン単体(全体の形)をうまく捉えることができません。

なので、、

ひとつの要素を単純化し、
それを展開するようにすればいいのです。

もっといえば、

広い視野から落とし込んでいくのがポイントです!

例えば、

品種で考えてみましょう。
(広い視野からいってみます)

まずは面の世界。

ワインの葡萄品種は何千とあります。

ただ、普段飲む機会があるものは限られているはずです。

しかも、地域によって作られている品種は
だいたいに決めることができます。

・カベルネ・ソーヴィニョン
・メルロー
・シラー
・シャルドネ
・ソーヴィニョン・ブラン

面で捉えるには、

世界の品種マップを理解すればいいのです。
(品種マップは今作っているので後日公開します。)

そして、線。

面は世界の品種マップだったので、

ここでは世界を国に絞ってみましょう。

例えばフランスであれば
品種の違いで歴史、地域、製造方法、セパージュ(葡萄品種の配合率)が異なります。

ただ、品種という点を地域という線でつなげてあげると、

フランスに置ける葡萄品種の違いがよく分かるようになります。

なぜピノ・ノワールは単一品種なのか。

なぜ五大シャトーは色々な葡萄品種を組み合わせるのか。

その理由も繋がってくるはずです!

そして、点。

品種単体の個性に迫ります。

カベルネ・ソーヴィニョンはこういう味・香り。

メルローは、ソーヴィニョン・ブランは、、など

単体の持っている個性を捉えることで、
ワイン単体の形を捉えれるようになります。

個性としては一番分かりやすいところかと思います。

モノ・セパージュ(単一品種)でも
ピノ・ノワールとメルローでは全く個性が異なります。

というように、

点・線・面で情報を分解することによって、
複雑なものがシンプルになるので、分かりやすくなると思います。

デザインも全く同じ考え方ができます。

その他の仕事や日常生活の家事なども同じだと思います。

要素を単純化して、つなげて、整理しながら考えてみる。

是非、こんな思考法もあるのだと思って、
実践してみてください!

ワインなら今まで気にしていなかった品種で選んだり、

デザインでならプレゼン資料を作るときに
発表する要素を細分化して、点線面フレームで再定義してみたり、

家事なら、
ひとつ一つの作業がどうやって1日をつくっているか意識してみたり、

もし実践されましたら
メールいただけますと嬉しいです!

今回のブログ内容についてでもいいですが、
何か感想や意見などいただけると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます。

大石博